2013年01月19日

韓国の火鉢焼き専門店で見た光景



京畿道の城南市にある
火鉢焼き専門のお店なんですが、

サムギョプサルとか
韓国の国産牛が食べられます。

屋根くらいの高さから
滝のように水が落ちてくる食堂は
初めてでした。w

おいしかったですけどね。

タグ:韓国観光
posted by kansuke at 21:35| 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月12日

アシアナの機内食 成田⇔仁川

去年の12月、
冬の韓国に行ってきました。

行きと帰りの飛行機(アシアナ)で
食べた機内食です。

これは成田→仁川便。



こちらは仁川→成田便。




やっぱり韓国は日本より寒いですね。

特に今年は厳冬で
ソウルでもマイナス20度の日があったとか。

ただし、
これは屋外の話で、

屋内の話になると
まったく逆転します。

韓国はオンドルがあるので
日本の家のように底冷えしたりしないので
あったかいです。

日本でも床暖房が増えてますけどね。

うちはまだまだ先だなあ。w
posted by kansuke at 09:20| 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

ソラク山



高速道路から見た
ソラク山です。

天候がイマイチだったのが残念。

ソラクを漢字で書くと
「雪岳」です。

秋になると
山頂あたりに雪がかかることから
こういう名前になったそうです。

タグ:ソラク山
posted by kansuke at 20:42| 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

江原道で見た人工の滝



江原道からソウルに戻る途中で
見かけた滝です。

まだ行ってみたわけではないんですが
かなりすごそうですね。

一緒にいた韓国の友人によると
これ、人工なんだそうです。

ちょっと残念。

それでも
かなり見ごたえあるそうですよ。

今度行ってみよう。
タグ:江原道
posted by kansuke at 20:56| 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

漢江の千戸大橋周辺の風景

서울 천호대교2.jpg

ソウル市の広津市と江東市を結ぶ千戸大橋。

この真下には
地下鉄五号線が通っています。


IMGP6293-2.jpg

全長は1150メートルで
開通してから36年たってます。


IMGP6294-2.jpg

IMGP6374-2.jpg



posted by kansuke at 14:07| 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

キョンギドイチョンシの風景

京畿道のイチョン市の
とある風景です。

01.JPG

IMGP6245.JPG

IMGP6246.JPG

IMGP6243.JPG  

IMGP6242.JPG

このあたりは
お米がおいしいことで有名。

韓国でイチョンサル(利川米)といえば
日本のあきたこまちみたいなかんじですね。


posted by kansuke at 14:59| 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月05日

韓国江原道江陵市注文津港の市場風景


注文津(チュムンジン)は、
正東津のある江陵市の最北端の位置しています。

海水浴場と新鮮な魚介類が安く楽しめることで
人気のある観光地です。


その注文津港の近くにある
市場を見てきました。

IMGP3401.JPG

IMGP3409.JPG

IMGP3407.JPG

右側は「国産」で、左側は「ノルウェイ」と書いてありますね。

 

注文津の市場では、

これが一番おいしかったです。

IMGP3412.JPG

IMGP3293.JPG

縦に積み上げられていたので、

最初に見たときは、一瞬何だこれ、

と思いましたが、

 

新鮮な味で、

けっこういけてました。

posted by kansuke at 15:12| 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月27日

正東津にある世界最大の砂時計と「正東津」の名前の由来

moresige.jpg

これ、正東津にある世界最大の砂時計だそうです。

 

こちらに案内文が……

IMGP3282.JPG

読んでみると、

「へえ〜、知らなかったなあ」

と思ったことがあったので、
ちょっと翻訳しちゃいました。

 


〜翻訳ここから〜

 案内文

 正東津の砂時計は、直径8.06m、幅3.20m、重さ40トン、砂の重さ8トンで、世界最大の砂時計であり、時計の中にある砂がすべて下に落ちるのにかかる時間は、ちょうど1年かかり、12月31日24:00、ちょうど翌年の1月1日0時に半回転し(レールの反対側に移動)、1年間、再び砂を上から下に落ちるように変わり、新たに1年を始める。
 ここの砂時計の腰が、くびれたヒョウタンの形をしたガラスの器ではなく、丸い形なのは、時間の無限性を象徴するためであり、また、太陽を象徴するからである。平行線の汽車のレールは、永遠の時間の流れを意味する。
 流れ落ちる砂と積まれる砂は、未来と過去の断絶性ではなく、連続性をもつ時間であることを知らせる。
 砂時計の円の端にある12支像は、1日の時間を知らせてあげるためである。
 ここは、ソウルの光化門前の道路元標石を基点に、真東側にある郡である。
 それで、夏至の時は、韓半島で最も東側から日が昇る郡である。

〜翻訳ここまで〜


翻訳文の中に「真東側」とありますが、
そのまま直訳すると「正東側」になります。

ただ、
日本語では「正東」とは言わず、
「真東(まひがし)」と言うので、
このように表記しました。


ここの地名がなぜ「正東津」なのか、
これで分かりましたね。

ソウルの光化門(景福宮の正門)の前にある
道路元標石を基点にすると
ちょうど真東に位置するから「正東津」と言うんですね。

posted by kansuke at 16:57| 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月20日

正東津のサンクルーズホテルはフェリーそっくり

IMGP3273.JPG


正東津にサンクルーズというホテルがあるんですが、
これ、外見がフェリーそっくりなんですよ。

ちょっと見ると、
フェリーが海岸に乗り上げたんじゃないか
と思ってしまいます。


残念ながら、
宿泊はできなかったんですけどね。w

 

こちらは、
「世界一海岸に近い駅」正東津駅から見た
サンクルーズホテルです。

IMGP3262.JPG

 

これは、
小船型の海産物レストランです。

IMGP3268.JPG

こちらも外から眺めただけです。w

 

サンクルーズホテルと海産物レストランのツーショット?

IMGP3277.JPG

posted by kansuke at 16:29| Comment(0) | 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

「世界一海岸に近い駅」がある韓国の正東津(チョントンジン)

 

韓国は江原道江陵市にある観光地

正東津に行ってきました。

IMGP3289.JPG

 

正東津は、

「世界一海岸に近い駅」があることで有名です。


その駅は正東津駅といって、

江陵市にある韓国鉄道公社嶺東線の駅です。


ギネスブックにも載っているそうですよ。

 

IMGP3368.JPG

 

海のすぐそばということで、


海岸線の日の出や日の入りの景色がとてもきれいで、
おいしい新鮮な海産物も味わうことができます。

 

IMGP3325.jpg

posted by kansuke at 15:50| Comment(0) | 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

韓国第三の高峰「雪岳山」の名前の由来


雪岳山(ソラクサン)は、
有名なので知っているかたや
もうすでに行ってみたかたもいるかもしれませんね。

江原道(カンウォンド)の太白(テベク)山脈にある山で、
標高は1708メートルあります。

花崗岩でできた切り立った峰が特徴で、
それがいつも雪が積もっているように白く見えるところから
「雪岳山」と名づけられたそうです。


先日、雪岳山の近くに行って
写真とってきました。

登ってはいないんですけどね。w

IMGP3009.JPG

IMGP3010.JPG

IMGP3011.JPG

 

posted by kansuke at 15:48| Comment(0) | 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月06日

韓国の2000人分の大釜〜京畿道利川市コメ文化祝祭見物(その4)〜

 

今回の利川市のコメ文化祝祭では

こういうものもありました。

 

 これです。

二千人分釜.JPG

 

 2000人分のご飯が炊ける大釜です。

 

 会場では、この大釜でビビンパプをつくってましたね。

古い方式食堂再現.JPG

 お値段は一杯2000ウォンでした。

 今のレートだと、だいたい150円くらいでしょうか。

 最近、物価がかなり上昇している韓国にしては安いです。

posted by kansuke at 09:06| Comment(0) | 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月05日

韓国の伝統器具〜京畿道利川市コメ文化祝祭見物(その3)〜



今回は、コメ文化祝祭で見た

韓国の伝統器具をご紹介します。



 まずは飯炊き釜です。

bw_uploads/tm_IMGP3189.jpg

bw_uploads/tm_ipiCyZTRgvCCvYKtkeWJ7w.jpg


 こちらは、きねとうすです。

 形がいろいろですね。

bw_uploads/tm_k2CTnYrti--TV46m.jpg


 こちらはあずきをつくる釜だそうです。

 韓国では昔、こんなかんじであずきをつくってたみたいです。

bw_uploads/tm_k2CTnY6ugqiTpJWFjeyC6A.jpg



 これは焼酎をつくるための道具です。


bw_uploads/tm_k2CTnY6uj8SO8JC7jew.jpg
posted by kansuke at 22:35| Comment(0) | 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

韓国のわら工芸文化〜京畿道利川市コメ文化祝祭(その2)〜

 

今回は、利川市のコメ文化祝祭で見た、

韓国の伝統わら工芸品の紹介です。

 

わらで作った牛です。

わらで作った牛

 

わら人形のアジョシ(おじさん)

なぜかパジ(韓国民族衣装で男性がはくズボン状の袴)はわらじゃない。w

わらで作った工芸品 1

 

  わらで作った日用品です。

わらで作った工芸品 2

 

わらで作った工芸品 3

 

わらで作った工芸品 4

タグ:わら工芸
posted by kansuke at 23:02| Comment(0) | 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月31日

京畿道利川市のコメ文化祝祭に行ってみました(その1)

韓国の利川市(イチョン)はコメと陶磁器で有名です。


特にコメは「イチョンサル」といって

日本でいえば秋田こまちとかコシヒカリのような

コメの有名ブランドです。


その利川市で10月21日から24日まで

「第12回利川コメ文化祝祭」が行われたので

見物してきました。


IMGP3205.JPG


IMGP3206.JPG


米の成長過程.JPG


IMGP3214.JPG

 収穫したての新米を販売してました。


IMGP3212.JPG

 コメ以外の収穫物の展示です。

posted by kansuke at 16:06| Comment(0) | 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

韓国のコグマ(さつまいも)を掘りました

今年の夏はすんごい猛暑でしたが、

お隣の韓国でも異常気象で、雨の量がすごかったみたいです。

そのせいで米質がよくないんですね。

 

妻の実家が米をつくっていて

先週収穫したら米の出来具合がイマイチだってみたいで、

チャンインニム(妻のお父さん)が嘆いています。

 

ところで、

これ、妻の実家の近所で取れたコグマ(さつまいも)です。

IMGP2885.JPG

IMGP2891.JPG

日本のサツマイモとまったく同じです、当たり前ですが。w

 

「コグマ」をハングルで書くとこうですね。

koguma.JPG

 

ちなみにジャガイモは、

kamuja.JPG

「カムジャ」といいますよ。

「カムジャタン」なんて有名ですね。

辛いですけど、おいしいですよ。

 

 

posted by kansuke at 21:13| Comment(0) | 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

イチョン市の「もも祭り」でやってた大道芸B



 ※再生時は音量に注意!
posted by kansuke at 21:33| Comment(0) | 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

イチョン市の「もも祭り」でやってた大道芸A



ちょっと太めの「アガシ(娘さん)」だか「アジュマ(おばさん)」だか分からない女性と細い「アジョシ(おじさん)」ががんばってます。

 ※印再生時は音に注意
タグ:韓国 大道芸
posted by kansuke at 21:33| Comment(0) | 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

イチョン市の「もも祭り」でやってた大道芸@



イチョン市の「もも祭り」で行われたエンターテイメントです。
それほど驚くほどのことではないかもしれません。w

ひまな時にでも見てください。

再生すると音が出ますので、ご注意を。
タグ:韓国 大道芸
posted by kansuke at 21:54| Comment(0) | 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

韓国京畿道イチョン市の「もも祭り」風景

今月の17日から19日まで

韓国京畿道のイチョン市で「もも祭り」が行われました。

 

イチョン市って、

米とか陶磁器で有名なんですが、

桃もけっこう有名なんですね。

今年でもう14回目です。

IMGP2670.jpg

韓国語の正式名称は

 「ポクスンアチュクチェ」

です。

「ポクスンア」がもも、「チュクチェ」が祝祭(祭り)ですね。

 

こんなかんじで展示されてました。

IMGP2656.jpg

IMGP2655.jpg

 

それぞれ生産者が違うんですね。

IMGP2684.jpg

説明札の内容はこういう意味です。

  「第14回イチョン市ヘッサレ

  チャンホウォン もも品種展示会

  品種名 : チャンホウォン黄桃

  糖度   : 13.0 Brix

  収穫期 : 9月上旬

  重さ    : 300g

  生産者 : パク・ビョンイル」

 

IMGP2682.jpg

こちらはイ・ヨンチュさん。

 

IMGP2683.jpg

こちらはハン・クァンスさんの作品。

 

どれも糖度が13.0ですね。

専門分野じゃないのでよく分かりませんが、

かなり甘そうですよね。

 

それから、

説明札の一番上に「ヘッサレ」という言葉がありますが

これは、、

 「日差しをたっぷり浴びて食べごろに熟した」

という意味で、韓国京畿道の桃のブランド名だそうです。

 

こういう単語は辞書で調べても出てきませんよ。w

posted by kansuke at 21:30| Comment(0) | 韓国観光 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする