2013年12月14日

NEVER韓国語辞書アプリが終了で注目されるアプリ


2013年12月18日でサービスが終了する
ネイバーの韓国語辞書アプリ。

まあ、無料なので、
何の文句も言えませんが、

プライベートでも、仕事でも使っている
私としては、かなり残念。


じゃあ、どうするか?


っていうと、
こういうのがあるんですね。

http://thehangle.blog.fc2.com/blog-entry-167.html


早速、ダウンロードしてインストールしました。

日本版のものより、
いろんな機能が満載でした。

お困りの方はどうぞ。
こちらにダウンロードの手順が紹介されています。

http://thehangle.blog.fc2.com/blog-entry-167.html

posted by kansuke at 17:49| 韓国語ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

私がよく使う韓国語辞典サイト

今回は、私がよく使っている韓国語辞典サイトを紹介します。

韓国語のサイトなので中上級者向きですが。

 

こちらです。

韓国語辞典サイト「NATE」

 

真ん中上の検索ボックスにキーワードを入力して、

右の検索ボタンをクリックすると次のような画面になります。

 

123.JPG

 

このサイトが便利なのは、

検索するキーワードにもよりますが、

基本的に次の辞典での検索結果が一度に表示されることですね。

 百科辞典
 英語辞典
 英英辞典
 国語辞典
 漢字字典
 日本語辞典
 用語辞典

特に使うのが日本語辞典、国語辞典、漢字字典です。

 

国語辞典には、

日本で売られている韓日辞典には載っていない言葉や

韓国の方言、北朝鮮の言葉などもけっこう調べることができますよ。

 

posted by kansuke at 21:19| Comment(0) | 韓国語ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

私がよく使う韓国人名辞典サイト

ふだん私がよく使っている韓国人名辞典サイトを紹介します。

こちらです。

123.JPG
http://people.joins.com/

 

韓国人の人名辞典サイトは、
ほかにもたくさんあるんですが、

なぜ私がここを使っているかというと、

データが常に最新であることと
名前に漢字表記が併記されていること
そして顔写真があること

これが大きな理由ですね。


なかでも
やっぱり漢字表記されているのがとても役立ってます。
ハングル表記だけだと
翻訳するときに別人物と間違えてしまうことがあるんですよ。


掲載されてる人数も大統領から芸能人まで30万人なので、
たいていの人は検索すれば出てきますよ。

posted by kansuke at 20:30| Comment(0) | 韓国語ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月31日

無料韓国語翻訳サイトの実力検証

こちらで紹介した無料の韓国語翻訳サイトの実力はどの程度なのでしょうか?

「韓国昔話」のカテゴリーで
オリジナルの日本語翻訳文を紹介した
「鬼を追い出した農夫」
の韓国語原文を無料の韓国語翻訳サイトにかけてみました。

その結果はこちらです。
 ↓
honyaku1.htm

「なんのこっちゃ?」
という感じですね。
なんとか言わんとしていることは分かる
レベルです。

簡単なあいさつとか、
典型的な文型だとかなりしっかり翻訳してくれますが、
ちょっとひねった文章だと厳しいですね。

ちなみに、
私が使っている有料のハングル翻訳ソフトだとこんなかんじです。
 ↓
honyakusoft1.htm

無料のハングル翻訳サイトとさほど変わりませんね。

でも、これ初期状態(購入したばかりの状態)です。
有料の翻訳ソフトのいいところは、
ユーザーが翻訳辞書を自由にカスタマイズできることです。

例えば、

1ユーザーのオリジナル辞書を複数つくることができる

2翻訳辞書を入れ替えることができる

3意味が複数ある単語は表示する意味に優先順位をつけられる

使えば使うほど、
自分好みの翻訳結果を表示でき、
世界に一つしかない自分だけの翻訳辞書がつくれます。

特定の分野や専門分野の文章を翻訳することが多い人には
とても重宝します。

最終的に人の目でチェックしないといけないのは
無料の翻訳サイトでも有料の翻訳ソフトでも同じです。

ただ、有料の翻訳ソフトの場合は、
使えば使うほど、翻訳辞書を磨けば磨くほど
翻訳の精度があがっていくのがいいですね。



posted by kansuke at 16:38| Comment(0) | 韓国語ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

翻訳ソフト(サイト)のメリット・デメリット

韓国語の翻訳ソフトとか翻訳サイトは利用していますか?

私の場合、仕事上、翻訳ソフトを使わざるを得ないのでかなり使っています。キャリア、長いです。(笑い)

もう10年くらい使ってますね。


この間、韓国語の翻訳ソフトも増えて、
その翻訳精度もずいぶん向上しました。

最近だと、
無料の翻訳サイトまでありますね。

有名どころでは

 エイサイト翻訳

 ヤフー翻訳

でしょうか。


有料の韓国語翻訳ソフトで、
私が実際にもっていて使ってみた、あるいは使っているのは
次の三つです。

 ★jSeoul(ジェイソウル)V7 高電社

 ★高麗V3 イーフロンティア

 ★楽々韓国語V2 オムロン社

それぞれに使ってみた感想は次の機会にするとして、
まず、私が思う翻訳ソフトや翻訳サイトを使うことのメリットとデメリットをお伝えしようと思います。

 <メリット>

これは何といっても

「ケアレスミスがないこと」

ですね。

翻訳で「ケアレスミス」というのは

 「見間違い」

とか

 「見落とし」

です。

ハングルの場合、よく日本人が見間違えるのがパッチムです。

「○(イウンパッチム)」と「□(ミウムパッチム)」はよく間違えますね。


「サランヘヨ〜」の「サラン(愛)」はイウンパッチムですが、
これとパッチムだけが違うのが「サラム(人)」です。

丸は愛、四角は人、と覚えておいてください。

あと、似たようなフレーズが繰り返されると、
一つの単語や一行そのまま見落としたりすることもありますね。

でも、
こういう人間的なミスは、
翻訳ソフトにはまずありません。

これが最大のメリットでしょう。


「メリットは時間短縮じゃないの?」

と思ったかたもいるかもしれませんが、

翻訳の分量が多ければ多いほど時間短縮のメリットはでてきますけど、
短い文章だとそれほどメリットとはいえないですね。

どんなに上手に翻訳してくれても
結局、自分で確認しないといけないですから。

 <デメリット>

これは

「翻訳の精度」

です。

翻訳ソフトは「話しことば」が苦手なんですね。

原文が何かの講演文や演説文のような
きちんとした文章だとけっこう精度よく翻訳してくれますが、

少しでも文体がくずれると「???」な文章になりやすいです。


それと、

日本語から韓国語に翻訳するのはいいですが、
韓国語から日本語への翻訳は一つ問題があります。

上にあげた無料の翻訳サイトだと
韓国語の「チャッタ」を「捜す」に翻訳しますが、
韓国語の「チャッタ」は、
文脈によって

 「取り戻す」
 「見つける」
 「訪ねる」
 「求める」

という意味にもなるんですね。
ずいぶん違うでしょう?

韓国語の翻訳ソフトだと、
文脈によって複数の意味から選択するということができないのもちょっと不便ですね。



翻訳ソフトやサイトを利用する場合、

 「人のケアレスミスをカバーしてくれる」

これが最大のメリットだと思います。
posted by kansuke at 21:25| Comment(0) | 韓国語ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする