2011年06月04日

ソウル大公園の動物園で見た虎の映像

韓国のソウル大公園内にある

動物園で見た虎の映像です。

 

ソウル大公園は、

動物園や植物園、昆虫館、そしてイルカショー会場の

集合体のようなレジャー施設です。

とても一日では回りきれないですね。

 

ソウル大公園の公式ページはこちらです。

http://grandpark.seoul.go.kr/

 

アクセスしたら

画面右上の「LANGUAGE」を「JAPANESE」にすれば

日本語のページになりますよ。

 

posted by kansuke at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

韓国の水族館「アクアリウム」で見たいろんなオブジェ

韓国で最も大きい水族館といわれる

「アクアリウム」には、

 

水槽の中にいろんなオブジェが

ありました。

 

アクアリウムのオブジェギャラリーです。

 

まずはこれ

IMGP4466.jpg

 

そして、こんなのとか……

IMGP4467.jpg

 

IMGP4468.JPG

 

主役の魚より目立ってるかも?

IMGP4469.JPG

 

これは龍宮城?

IMGP4477.JPG

IMGP4480.JPG

 

なぜかスパイダーマンが水槽に……

IMGP4501.JPG

 

ディズニーのキャラクターかな?

IMGP4483.JPG

 

いろんなオブジェがありましが、

小魚がいる水槽に多かったですね。

 

かなり目立ってました。w

 

posted by kansuke at 12:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

韓国では身分証明証を拾うと郵便ポストに入れる

 

韓国では、

誰かの身分証明証を拾うと、

そのまま近くの郵便ポストに入れるんです。

 

郵便ポストに入れられた

身分証明証はどうなるかというと、

 

郵便局のアジョシ(おじさん)が

記載されてる住所に郵送してくれるように

なっています。

 

法律的な義務があるかどうかは

分からないですが、

これは韓国の一般的な慣習なんですね。

 

もちろん、

中には悪い人もいて、

そのままもっていってしまう人も

いるようです。

 

 

もし身分証明証が

財布などに入っていて、

現金が入っている場合は

警察に届けるそうです。

 

現金が入っていなければ、

財布ごと郵便ポストにポイッ、というわけです。

 

 

ちなみに、

現金を警察に届けて、

落とし主がみつかると、

謝礼として拾った金額の10分の1を

もらえるそうです。

 

これは日本と同じですね。

 

 

日本と違うのは、

落とし主がみつからなかった場合です。

 

日本では、

警察に届けて半年とか1年たって

落とし主が現れないと、

全額拾った人のものになりますよね。

 

でも韓国では、

そのまま公のものになって

拾った人のものにはならないそうです。

 

国のものになるのか、

どこかに寄付されるのか、

使い道は不明なんだそうですよ。

posted by kansuke at 15:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

韓国の水族館「アクアリウム」で見たマナティー餌やりシーン

 

韓国の水族館「アクアリウム」で見た
マナティー餌やりシーンです。

なんか白菜かキャベツみたいな野菜、
食べさせてますね。

マナティーって菜食動物でしたっけ?w

 

「アクアリウム」という水族館については
こちらのサイトにくわし〜く記載されてますよ。

http://www.mamaiku.com/


アクセス方法や料金、営業時間、見取り図、体験記など
かなり詳細にのってますので、
関心のあるかたはご覧下さい。


韓国の水族館では
63ビルディングの水族館も有名ですが、
アクアリウムのほうが規模が大きいですよ。

 

posted by kansuke at 17:29| 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

韓国の水族館「アクアリウム」で見た双頭の亀

IMGP4529.JPG

 

韓国のソウルに

「アクアリウム」という水族館があるのですが、

 

そこで頭が二つある亀を見ました。

 

 

それも生きている双頭の亀です。

 

生きているのは初めて見ましたね。

自然界にいたものを捕まえてきたのか、

水族館で偶然生まれたのかは分かりません。w

posted by kansuke at 16:55| 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

グッドライフの原作「カシコギ」とは


「カシコギ」のアニメ(韓国語)約7分




ドラマ「グッドライフ」
(主演:反町隆史)がスタートしました。


この「グッドライフ」というドラマの原作は、
韓国の長編小説「カシコギ」(チョ・チャンイン)です。


「カシコギ」とはどんな意味か知ってますか? 


カシコギとは魚の名前で、
日本では「とげうお(棘魚)」と言います。


韓国語で
「棘」は「カシ」、「魚」は「コギ」
と言うんですね。


上のアニメは、
カシコギの父親の子供に対する愛情を
表現していますよ。

韓国語ですが、
だいたいのストーリーは
分かると思います、たぶん……。


posted by kansuke at 18:23| 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

謹賀新年;韓国の正月は旧暦で祝う

IMGP3851.jpg

 

 謹賀新年

新年明けまして
おめでとうございます。m(_ _)m


いつもご訪問ありがとうございます。


今年も
日本と韓国の文化について

あなたのお役に立てる情報を
提供させていただきたいと
思っております。


ちなみに、
韓国のお正月は旧暦で祝うので
今年は2011年2月3日が“元日”になります。

なので、
韓国の1月1日は、いちおう祝日で公休日ですが、
ふつうの祝日とあまり大差ない雰囲気です。


日本人にとっては、
毎年、正月の日にちが違うというのも
なんか不思議なかんじですね。


それでは、
今年もよろしくお願いします。

posted by kansuke at 18:18| Comment(0) | 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月18日

冬至の日に小豆粥を食べる文化


もうすぐ冬至(12月22日)ですね。


韓国にも、
冬至の日に小豆粥を食べる風習があるのを
御存じでしょうか。


そもそも冬至というのは、
一年の中で最も昼が短く、最も夜が長い日ですね。

冬至の日から再び昼(陽)が長くなり始めることから、
中国の「易経」では、太陽の始まりを冬至とみなし、
周の時代には冬至の日が正月だったそうです。


日本では「冬至粥」と言って、
冬至の日に小豆粥やかぼちゃを食べたりする風習がありますが、

一年の始まりを意味する冬至の日に、
赤い小豆粥を食べて邪気を祓い
新しい年の運気を呼び込むということらしいですね。


韓国では、
小豆粥を実際に食べたり、
家の門の前に小豆粥を置いたりします。

もちろん、
日本と同様、
みんながみんな冬至の日に小豆粥を食べるわけではなく、
今では地方に住む人やお年寄りだけです。


また、韓国には、
「冬至に小豆粥を食べれば、一年の厄払いができる」
ということわざもありますよ。

posted by kansuke at 14:56| Comment(0) | 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月07日

韓国では軍用車を追い越すと交通違反?!


先日の北朝鮮のヨンビョン島砲撃で、
韓国のいたるところで軍人や軍関係の車両を
見かけるようになりましたね。


そのために田舎ではめずらしい光景を目にしました。
それは“渋滞”です。


韓国では軍用車を追い越すのはタブーのようで、
いくら軍関係の車がゆっくり走っていても
一般の車が追い越してはいけないみたいなんですね。


それで一車線の田舎道を軍用車が走ると
田舎ではめずらしい渋滞が起きるんです。


韓国の人に聞いたんですが、
もし一般の人が軍関係の車両と交通事故を起こすと
無条件で一般の人が処罰を受けるそうです。

たとえ軍関係の車両に非があっても、
たとえ死亡事故でも、です。


そういう話を聞くと、
陸続きの隣国と“休戦中”にあることを実感せざるをえないですね。

こういう環境が
韓国人の民族意識の強さを形成している
一つの要因なのかもしれません。

posted by kansuke at 22:57| Comment(0) | 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

ハングルの日のgoogle koreaトップページはこれ

hangul.JPG

http://www.google.co.kr/ig?sp=korea&hl=ko

上記のような画面はきょう(10月9日)だけです。
あす以降はもう見れませんよ。あしからず。


 「ハングルナル(ハングルの日)」について

毎年10月9日は「ハングルナル」です。

この記念日は、
ハングルをつくった世宗大王(セジョンデワン)が
1446年の陰暦9月に「訓民正音(フンミンチョンウム)」を頒布したことを記念する日です。

この「訓民正音」は「ハングル」の本名みたいなもので、
「民が訓ずる正しい音」という意味ですね。

ちなみに、北朝鮮にも同じような記念日があって、
そちらは「チョソングルナル(朝鮮文字の日)」といって
毎年1月15日が記念日です。

この記念日は韓国も北朝鮮も陽暦です。

 

なんで10月9日が「ハングルナル」なのかというと、

世宗大王が訓民正音を頒布したのが
9月上旬だということになっていて、

9月上旬の最後の日9月10日をユリウス暦に換算すると
10月9日になるそうなんですね。

posted by kansuke at 07:51| Comment(0) | 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

韓国のエバーランドに行くなら平日がおすすめ

 taiwa.JPG

これ、エバーランドに向かうタクシーの中で、
私とタクシーの運転アジョシ(おじさん)の会話です。

意味はこんなかんじです。


 わたし:センガクポダ キリマッキネヨ

     (思ったより、道が混んでますね)。

 運転手:アニエヨ、ソンニム。オヌルンチョウンピョニエヨ

     (いいえ、 お客さん。きょうはいいほうです。)

 わたし:クレヨ?

     (そうですか?)

 運転手:チュマリナヒュイルン オムチョンキリマッキョヨ

     (週末や休日は、めちゃくちゃ混みますよ)

私が行ったのは平日だったのでもっと空いてると思ったんですが、
けっこう混んでたんですね。

それでこんな車中でのこんな会話になったわけです。

そのタクシーのアジョシによると、
週末はものすごい人で、
車で専用駐車場に行くまでに時間がかかり、
チケット買って入場するまでにさらに時間がかかるそうです。

へたすると昼近くになってしまうとか。

韓国のエバーランドに行くなら週末や公休日はさけたほうがいいですよ。

韓国の公休日は年によって日付が違うのもあるので要注意です。

 エバーランドの入り口付近の様子

IMGP1556.JPG

IMGP1539.JPG

IMGP1532.JPG

 動物は小さいのしか撮れませんでした。w

IMGP1514.JPG

IMGP1512.JPG

動物園で定番の大型動物は、

サファリパークで専用バスに乗りながら見ることができますよ。

posted by kansuke at 16:59| Comment(0) | 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

韓国人がうらやむ日本の振替休日〜韓国の祝祭日一覧〜

韓国の祝祭日を紹介します。

韓国の祝祭日は年間で10日です。
日本の祝日は年間で15日なので、韓国は少ないですね。

しかも、
日本では、祝日が日曜日だと翌日が振替休日になりますが、
韓国ではこの振替休日制度がないんです。

もともと少ないのに、
日曜日と重なるともっと減ってしまうので、
ちょっとかわいそうですね。


 〜韓国の祝祭日一覧〜

 @1月1日 新正(シンジョン)

いわゆる正月です。でも旧正月を大々的に祝うので、
この日は普通の祝祭日と同じような雰囲気です。
翌日の2日から普通に出勤したり、通学したりしますよ。


 A旧暦1月1日 旧正月(クジョン)

日本人にはなかなか理解しにくいのが旧正月ですね。
中国でも同じですが、韓国では旧暦で正月を祝うので、
毎年正月の時期が違うんですよ。誕生日もそうで、毎年日にちが違います。w


 B3月1日 三一節(サムイルジョル)

1919年の3月1日に行われた「三・一独立運動」を祝う日です。
日帝時代のことなので、日本人には肩身がせまいですね。


 C5月5日 子どもの日(オリニナル)

韓国では5月5日だけが子どもの日で、
日本のように男女を分けて祝うことはありません。


 D旧暦4月8日 釈迦誕辰日(ソッカタンシンイル)

釈迦の誕生日を祝う日です。
韓国に行くとキリスト教会の十字架が多いのに驚くと思いますが、
仏教徒もそれ以上にたくさんいますね。


 E6月6日 顕忠日(ヒョンチュンイル)

国のために命を奉げた護国英霊の冥福を祈る日です。
日本にはこういう祝日はないですね。


 F8月15日 光復節(クァンボクチョル)

日本の支配から解放された日を祝う日です。
日本では終戦日ですが、韓国では「光を回復した日」なんです。


 G旧暦8月15日 秋夕(チュソク)

韓国のお盆ですね。旧正月と同じくらい大々的に祝います。
この日の前後も休みになる所が多いですよ。


 H10月3日 開天節(ケチョンジョル)

韓民族の始祖壇君が開国した日を祝う日です。
日本で言えば建国記念日ですね。


 I12月25日 聖誕節(ソンタンジョル)

いわゆるクリスマスです。
クリスチャンが多い韓国では祝祭日なんですね。

posted by kansuke at 21:36| Comment(0) | 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

韓国龍仁のエバーランドに行って驚いたこと

 

もう今年の春先のことですが、
韓国は京畿道龍仁にあるエバーランドに行ったんですよ。

行く前はまあ、大したことはないだろうと思ってたんですね。

日本のディズニーランドにも、ユニバーサルスタジオにも行ったことがあるし、
韓国ではソウルランドにも行ったんで、
そこよりは規模が小さいだろうと思っていったら、とんでもない。

驚きました。w

何が驚きかというと、
本物の動物がいるんですよ。w
しかもサファリパークもあります。

日本で言えば、
ディズイーランド+上野動物園+富士サファリパーク

上野とか富士とかはあまり意味ないんですが、
とにかくテーマパークと動物園とサファリパークが一体になってるんです。

かなり驚きでした。

ディズニーランドでいえば、アドベンチャーランドに本物の動物がいるようなもんです。

 

ちょっとなめてました、ゴメンナサイ、エバーランドさん。

 

これ、韓国語のパンフです。

japanese_0001.jpg

 

日本語のパンフもちゃんとありましたよ。

japanese_0002.jpg

 

エバーランドのサイトはこちらです。

いきなり音が出るので気をつけてください。

http://www.everland.com/

 

ランゲージで日本語も選択できますよ。

交通案内も日本語で確認できます。

posted by kansuke at 22:03| Comment(2) | 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

韓国人の妻が日本に来て驚いたこと〜その2〜

「地震はだいぶ慣れてきたけど、これだけは今でもぜんぜんだめ!」

もうすでに来日7年になろうとしている
韓国人の妻が、毎年夏になるとこう言います。


その今でも慣れないものとは……

 

それは、「ゴキブリ」です。w


最初に見たときは、地震と同じくらい驚いてましたね。


韓国にもいることはいるんですよ。
でも、ほとんと茶色の小さいやつで、

日本のような
真っ黒なでかいのはあまりお目にかかれません。


日本人だって嫌いな人は嫌いですから、
何年たっても慣れないでしょうね、これは。

posted by kansuke at 21:50| Comment(0) | 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月18日

韓国人の妻が日本に来て驚いたこと〜その1〜

韓国人の妻が日本に来てまず驚いたことは、
なんといっても、これですね。


 地震です!!!


最初の地震初体験は震度2か3くらいだったと思います。

そのとき私は、

 ああ、またか

という感じでテレビ見てましたが、

妻のほうはものすご〜くおびえてました。w
もう柱にしがみつくかんじでしたよ。

そのまましばらく動けなかったんですから。


そりゃあ、そうでしょうね。
韓国ではほとんどないですから、地震なんて。


私が韓国にいた5年の間に一度もなかったですよ。

韓国の南方で地震が起きたというニュースを見たおぼえはありますが、
自分がいたところ(ソウル、京畿道)ではなかったですね。

そのせいか、
建物を建てるスピードが半端なく早いんですよ。

もともとパリパリ(早く早く)で仕事する韓国人なんですが、
もうあっという間に7、8階建てのビルやマンションが建ってしまうんですよ。

その分、プシルコンサ(手抜き工事)もけっこうあるんですけどね。


今ではもう妻もある程度なれて、
そうそうの地震では驚かなくなりました。w

posted by kansuke at 20:56| Comment(0) | 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

韓国の5万ウォン札の人物は女性(画像あり)

この前、韓国に行ったときに、

去年出た5万ウォン札を手に入れようと思って、
けっこう探したんですけど、

これが意外と見当たらない。
日本の2000円札みたいだなと思いましたね。

そういえば、
お札に印刷された人物はどちらも女性ですね。w

韓国の5万ウォン札の女性は
朝鮮王朝中期の女流画家の申思任堂(シン・サイムダン)という人物です。


申思任堂(シン・サイムダン)についてはこちらをどうぞ。
 ↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B3%E5%B8%AB%E4%BB%BB%E5%A0%82

 


で、なんとか入手しました。

IMGP1841.JPG

 

IMGP1843.JPG

 

最近の円ウォンのレートが12〜14倍あたりを上下しているので、
5万ウォンというと、
日本円にしてだいたい4000円くらいでしょうかね。

ちなみに、
10万ウォンの小切手はこちらです。

IMGP1838.JPG

posted by kansuke at 21:09| Comment(0) | 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月23日

日本では「紅白」、韓国では「青白」

だいぶ前ですけど、

韓国の小学校(韓国では国民学校と言います)の運動会を見たことがあるんですが、

そのとき、「えっ!」と思ったのが、
「紅白」ではなくて「青白」だったことです。

日本なら「紅組」と「白組」に分かれてやりますけど、
韓国では「青組」と「白組」に分かれるんですよ。

「ええ、何で〜」と思ってずいぶん驚いたものです。


「紅白」というのは、
紅白まんじゅうとか、日本ではおめでたいことですよね。

でも、韓国では「青組」と「白組」なんです。

なんで韓国では「紅」ではなくて「青」なんでしょうか?


それで韓国人の友達とか知人にいろいろ聞いてみたんですが、
韓国人にとって「紅(赤)」というはあまりイメージがよくないらしいです。

どんなイメージかというと
「共産主義者」とか「北朝鮮」のイメージみたいですね。

韓国では「共産主義者」のことを「赤」を意味する「パルゲンイ」と言います。

なので、
運動会で「紅組」と「白組」が競うのは韓国人の情緒に合わないそうです。
地続きの国境がない日本人にはなかなか理解しづらいことかもしれませんね。


「でも、日韓ワールドカップのときは
韓国は真っ赤だったけど?」

と思ったかた、よく覚えていますね。


そうでしたね。
あの時は韓国中が真っ赤でした。

それで、
保守的な考えの人たち、特に年配の人たちは
けしからんといって反対したそうです。


でも、ワールドカップのときは、
競う相手が外国でしたから、
同じ国や民族で競うわけではなかったので、
赤でもよかったんじゃないでしょうか。


「紅白」ではなくて「青白」の運動会を見たときは
かる〜いカルチャーショックでしたね。

そういえば、柔道の国際試合でも青と白の柔道着ですね〜。
これは関係ないか。
ラベル:韓国 文化
posted by kansuke at 17:35| Comment(1) | 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月09日

韓国の数え方は「パー」から「グー」

日本と韓国を比べると、
共通点も多いんですけど、
真逆な表現や行動も多いですね。


前の記事でも書きましたが、
「行ったり来たり」を韓国では

 「ワッタカッタ」(来たり行ったり)

と表現しますし、

四字熟語の「良妻賢母」も

 「ヒョンモヤンチョ」(賢母良妻)

と表現します。


箸なんかも、日本では横に置きますが、韓国では縦に置きます。


それで、
指で数えるときも日本と韓国では真逆なんです。

日本では「グー」から「パー」に1、2、3と数えていきますが、
韓国では「パー」から「グー」に数えていきます。

こんなかんじです。


 <日本の数え方>

00.PNG
 「0」

 ↓
11.PNG
 「1」

 ↓
44.PNG
 「4」

 ↓
55.PNG
 「5」

 <韓国の数え方>

000.PNG
 「0」

 ↓
111.PNG
 「1」

 ↓
444.PNG
 「4」

 ↓
555.PNG
 「5」


分かりにくいですか?(笑)

とにかく、
日本では「グー」から「パー」
韓国では「パー」から「グー」
に数えていくんですね。


このことは、
私が韓国で暮らしていたときは気づかなかったんですね。

子供が生まれてから、初めて気がつきました。


壁にはる幼児教育用の五十音表とか数字表がありますよね、イラストつきの。

それを見た私の妻に
韓国と数え方が逆だと言われて、
初めて知りました。

「ああ、そういえば、そうだな」と。


指でいくつだと韓国人に示されたときは気をつけてくださいね。


               素材提供イラストポップ
posted by kansuke at 18:07| Comment(0) | 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月08日

韓国の連ドラは週2回放送する

韓国の連続ドラマは、
日本と違って週に2回放送するんです。

もちろん1回1時間ですよ。

なので、
日本の「月9(月曜9時)ドラマ」とか「火9ドラマ」にあたる表現が
韓国では、

 「月火ドラマ」(韓国語ではウォルファドゥラマ)

とか

 「週末ドラマ」(土日放送 チュマルドゥラマ)

と表現しますね。


1週間に2時間の放送なので、日本の2倍ですから
韓国の俳優さんは大変です。

主役か準主役クラスになると、
撮影スケジュールがめちゃくちゃハードだそうですよ。

ほかの番組とのかけもちは絶対無理みたいです。


現代ドラマだったらまだよいですが、

「大長今(デチャングム)」(日本では「チャングムの誓い」)のような
時代劇だと衣装もヘアスタイルも変えないといけないから大変ですね。


韓国ドラマを見ていると、

「あ、この女優、疲れ気味かも、化粧ののりが……」

なんて思うことがあるかもしれませんよ。


ちなみに、
韓国のテレビでは番組の途中にコマーシャルがないんです。
CMは番組と番組の間に少し長めにあるんですね。

だいたいひとつのドラマなら、
50分くらいCMなしで連続放送です。

集中できていいんですけど、
韓国ドラマに慣れてしまうと
日本のドラマを見るときちょっとイライラしちゃいますね。
CMが多すぎて。

韓国ドラマを見るときは
トイレはすませておいたほうがいいかも。
ラベル:韓国 ドラマ
posted by kansuke at 22:21| Comment(0) | 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

韓国のクリスマスは祝日、仕事はお休み

もうクリスマスは過ぎてしまいましたが、韓国では、クリスマスの12月25日はお休みです。いわゆる祝日ですね。

この日は、昼間に取引先の韓国の会社に電話してもだれもでません。

仕事をしないでクリスマスを満喫できるんですからうらやましいかぎりです。

日本では天皇陛下の誕生日が祝日ですが、韓国では、イエス・キリストの誕生日ということで、クリスマスがお休みなんですね。

ちなみに、仏教の創設者の釈迦牟尼、お釈迦様の誕生日も韓国では祝日なんです。(陰暦4月8日)

韓国の宗教人口の分布は、だいたいキリスト教が30%以上、仏教が30%弱くらいで、このほかに儒教も多いようです。儒教の創始者の孔子は、誕生日が定かでないので何もないです。

キリスト教が一番多いのですが、これは韓国で夜景を見てみると実感できますよ。

どこの夜景でもよいと思います。

私は、ソウルと京畿道(キョンギド)のあちこち、そして大田(テヂョン)、釜山(プサン)の夜景しか見たことはありませんが、どこで見ても赤い十字架のネオンがこれでもかというくらいそびえ立っている光景を目にします。

最初に見たときは、救急病院か何かかと思いましたが、教会だったんですね。

とにかくものすごい数です。

どこにでも教会があるので、早朝に外に出てみると賛美歌と祈る声が聞こえてきます。

あるときは、祈祷会を終えて戻ってきた見ず知らずのおばさんに、いきなり「アレルヤ!」ってあいさつされましたね。

でも不思議なのは、日本人以上に先祖を大切にする韓国人が、先祖崇拝を禁じているキリスト教を日本人以上に受けて入れていることです。

日本ではキリスト教は1%ですから。

けっこうこの問題で親戚同士でぶるかることがあるそうですが、これは私の韓国文化研究の課題の一つになっています。
posted by kansuke at 22:22| Comment(0) | 日本と韓国の生活文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。