2008年02月16日

外国語学習は子供を見習え


最近、自分の子供(2歳半)を見ていると、
親の言葉をそのまま真似て話すんですね。日本語でも、韓国語でも。

考えてみれば、私たちも日本語の文法なんてよく知りませんよね。
だから、やはり耳から入るのが外国語上達の近道なんでしょう。

もちろん、文法も、基本的なことは知っておいたほうがいいですよ。

これは、私の考えですが、
いい教材を探したり、高い教材を求めたりするより、
安くて基本的な内容のものでもよいので、何か一冊最後まで遣り通すことが大切だと思います。

それもすべて完璧に覚えていなくてもいいんです。

最後までやり通せば、自分の中に一つの基準ができますから、
それを土台にして次のステップに進めばよいと思います。

いずれにしても、自分の関心のある分野、韓国の映画とか、料理とか、
歌とか、ドラマとかでいいので、

できるだけたくさん韓国語を聞くことが上達の近道です。
posted by kansuke at 07:52| Comment(0) | 韓国語の勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。