2009年05月25日

翻訳ソフト(サイト)のメリット・デメリット

韓国語の翻訳ソフトとか翻訳サイトは利用していますか?

私の場合、仕事上、翻訳ソフトを使わざるを得ないのでかなり使っています。キャリア、長いです。(笑い)

もう10年くらい使ってますね。


この間、韓国語の翻訳ソフトも増えて、
その翻訳精度もずいぶん向上しました。

最近だと、
無料の翻訳サイトまでありますね。

有名どころでは

 エイサイト翻訳

 ヤフー翻訳

でしょうか。


有料の韓国語翻訳ソフトで、
私が実際にもっていて使ってみた、あるいは使っているのは
次の三つです。

 ★jSeoul(ジェイソウル)V7 高電社

 ★高麗V3 イーフロンティア

 ★楽々韓国語V2 オムロン社

それぞれに使ってみた感想は次の機会にするとして、
まず、私が思う翻訳ソフトや翻訳サイトを使うことのメリットとデメリットをお伝えしようと思います。

 <メリット>

これは何といっても

「ケアレスミスがないこと」

ですね。

翻訳で「ケアレスミス」というのは

 「見間違い」

とか

 「見落とし」

です。

ハングルの場合、よく日本人が見間違えるのがパッチムです。

「○(イウンパッチム)」と「□(ミウムパッチム)」はよく間違えますね。


「サランヘヨ〜」の「サラン(愛)」はイウンパッチムですが、
これとパッチムだけが違うのが「サラム(人)」です。

丸は愛、四角は人、と覚えておいてください。

あと、似たようなフレーズが繰り返されると、
一つの単語や一行そのまま見落としたりすることもありますね。

でも、
こういう人間的なミスは、
翻訳ソフトにはまずありません。

これが最大のメリットでしょう。


「メリットは時間短縮じゃないの?」

と思ったかたもいるかもしれませんが、

翻訳の分量が多ければ多いほど時間短縮のメリットはでてきますけど、
短い文章だとそれほどメリットとはいえないですね。

どんなに上手に翻訳してくれても
結局、自分で確認しないといけないですから。

 <デメリット>

これは

「翻訳の精度」

です。

翻訳ソフトは「話しことば」が苦手なんですね。

原文が何かの講演文や演説文のような
きちんとした文章だとけっこう精度よく翻訳してくれますが、

少しでも文体がくずれると「???」な文章になりやすいです。


それと、

日本語から韓国語に翻訳するのはいいですが、
韓国語から日本語への翻訳は一つ問題があります。

上にあげた無料の翻訳サイトだと
韓国語の「チャッタ」を「捜す」に翻訳しますが、
韓国語の「チャッタ」は、
文脈によって

 「取り戻す」
 「見つける」
 「訪ねる」
 「求める」

という意味にもなるんですね。
ずいぶん違うでしょう?

韓国語の翻訳ソフトだと、
文脈によって複数の意味から選択するということができないのもちょっと不便ですね。



翻訳ソフトやサイトを利用する場合、

 「人のケアレスミスをカバーしてくれる」

これが最大のメリットだと思います。
posted by kansuke at 21:25| Comment(0) | 韓国語ツール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。