2009年05月04日

意志の弱い私が語学学習を継続する方法

 「『継続は力なり』、でも継続は難しい…」

 「自分は意志が弱いな〜」

と思ったことはありませんか?

私は何回もあります。(笑)


 「意志は弱いけど、頑固だしな〜。
 頑固だけど優柔不断……。オレ(ワタシ)って何者?」

なんて考えたりしてませんか?

語学学習に限りませんが、「継続」するって難しいですよね、ほんとに。


でも、意志が弱い、続かないっていうのは人類共通みたいですよ。
「わたしだけじゃない」ということらしいです。

 「でも、あの人は意志が強そうだし、こつこつやってるけど?」

と思う人がいれば、それは「意志の力」の使い方が上手なんだそうです。


それで、ここでは、
「意志の弱い私が語学学習をい継続する方法」
を一つご紹介します。


意志の弱い私が何かを継続するには大きく分けて二つの方法があると思います。

 1「意志の力」を上手にコントロールする方法

 2「意志の力」を極力使わない方法

このうち、1はかなりコツと経験が必要なので2の方法をご紹介します。


結論から先に言いますね。

結論は

 「毎日やっていることと同時に行う」

ということです。


毎日やっていることというとのは、
食事、睡眠、料理、掃除、洗濯、化粧などなどです。

通勤通学や、人によっては運動とか散歩などもこれに入りますね。


それで、このような毎日やっていることと一緒に語学学習を行うんです。

なぜかというと、
今でも忙しい日常生活に、
新しく語学学習の時間をつくり、
それを継続するというのはかなりの「意志の力」を必要とするからです。
「意志の力」を使うとストレスになるんです。

しかし、
いつもやっていることと組み合わせることで「意志の力」が少なくてすむんですね。


私の場合、通勤時間(1日2時間)に
携帯に録音したハングルの音声を毎日聴いています。

これをするとき、あれもこれも毎日変えて聴くのではなくて、
ある一定の期間同じものを聴くようにしています。

こうすると「意志の力」をあまり使わなくていいんです。
主婦のかたならハングルの音声を聴きながら料理をしたりするわけです。


これって「コーチング」では「構造化」すると言うらしいですね。
最初はこのような「〜しながら」でいいと思うんです。

最初から力みすぎてやると、結果がすぐに出にくい語学学習は続かないです。

最初は聴くことを中心に耳を鍛えて、
慣れてきたら少しずつハングルの映像やテキストを見ていく、
というやり方もありではないかと思いますよ。
posted by kansuke at 22:05| Comment(0) | 韓国語の勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。