2008年10月22日

韓国語習得のコツ3

 私の考える韓国語文法学習のコツをまとめてみます。


@まず一冊の学習書を最後までやりとおす

 これが一番大切かもしれませんね。

 韓国語の学習に限らず、語学学習で一番多いのが、よい学習書やテキストを購入しても最後まで続かない、ということでしょう。

 なぜ続かないかというと、努力の成果をすぐに実感しにくい、ということにあると思うんです。これが韓国などの現地に住んでいると、勉強したことが生活の中ですぐに出てくるので、覚えやすいし努力した成果を実感しやすいんです。

 日本にいるとこれが難しいので、とにかく何でもいいので学習書を一冊最後までやりとおすことが大切です。


A最初はできるだけシンプルな学習書を選ぶ

 @に関連しますが、一冊の学習書を最後までやりとおすには、最初から分厚くて詳細に解説されている学習書に取り組むのではなく、しょぼいものでもいいのでできるだけ簡単な学習書を選ぶことをおすすめします。

 最後までやった、という達成感もけっこう大切ですよ。


B70〜80%くらいマスターしたら次の段階に進む

 これも大切です。完璧にマスターしなくてもいいんです。ある程度、理解できたら次の項目、あるいは次のレベルの学習書にすすみましょう。

 一冊の学習書を最後までやりとおすと自分の中に一つの基準ができるんですね。韓国語なら韓国語に関しての一定の知識基準みたいなものができます。

 それで次のもののトライして、その基準に肉付けしたり、修正したりしながら、少しずつ強く大きくしていくんです。


 とにかく、最初はしょぼい学習書でいいので、最後までやってみてください。毎日こんつめてやらずに、少しずつ、休み休みやることも大切ですよ。
posted by kansuke at 07:15| Comment(0) | 韓国語の勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

 

 

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。